職務経歴書の書き方

職務経歴書を”初めて”作成される方へ

 

企業に応募する際、提出が必要となるのが 『履歴書』と『職務経歴書』です。
転職に際しては、履歴書も大切ですが、今までの実績をアピールする『職務経歴書』が非常に重要となります。
職務経歴書の内容が書類審査突破の為の『鍵』となります。
そこで、職務経歴書を初めて作成するという方の為に、詳しく書き方をご説明します。

 

職務経歴書とは?

 

職務経歴書は、履歴書からは説明出来ない具体的な業務の実績をアピールする大切な資料です。
決められた書式・フォーマットはありませんが、自分をアピールするためには工夫が必要です。
自分を売り込む為の”提案書”のつもりで作成をしてみてください。

 

職務経歴書作成の流れ

職務経歴書作成の流れ

 

作成の前に経験してきたことを洗い出し、セールスポイントを分析していきます。
具体的な実績は数値化出来るものは数値化し、それ以外のものについてはわかりやすく説明します。
下記より職務経歴書のサンプルをダウンロードすることができます。

 

職務経歴書サンプル

職務経歴書サンプル

経歴書サンプル

職務経歴書Q&A

職務経歴書ってどれくらいの量が普通なの?

基本的に箇条書きで、できればA4で1枚~2枚に収めるのが普通です。大企業など、応募の多い企業では人事担当者はたくさんの書類を見なければならないので、長すぎると目を通しきれないこともあります。

学歴や経歴の部分で事実と違うことを書いても大丈夫?

絶対に書いてはいけません。そういった行為は、経歴や学歴を偽る「経歴詐称」とみなされますので、必ず事実に沿ったことを記入してください。会社によっては経歴を調査する場合もあります。

短い期間しか働いていない会社も経歴に書く必要があるの?

たとえ期間が短くても、事実を正確に記入してください。人事担当者には『長く働いてもらえないのでは?』とマイナスのイメージをもたれる事もありますが、それを不安に思うのであれば、何故短期間で退職したのか?等の理由を明確にし、今後は長く働きたい!などのフォローアピールをするとよいでしょう。

応募資格を満たしていない場合は?

応募条件はあくまでも目安です。勤務年数や必要な資格を取得していない場合でも、これからの向学心など、強い意欲を見せる事でアピールしてみましょう。 悩む前に応募することが大切です。

アピールできる職歴がないのですが…

輝かしい実績ばかりがアピールの要素ではありません。どんな些細な業務でも取り組みに対する姿勢、自分自身のこだわりがあったはずです。それらをアピールしましょう。 仕事を通じてあなた自身が変わった点を表現するのも良いでしょう。