20代の介護業界への転職

20代の介護業界への転職 イメージ

20代の方で、介護業界への転職を志す方は多くいらっしゃると思いますが、実際20代の方々の転職状況はどうなのでしょうか?
 
ここでは、『仙台宮城介護求人センター』を通じて転職活動をされた方々の状況から、現状をお伝えします。
 
 
 
転職者の中には、業界未経験者と業界経験者の方がいますが、まずは業界未経験で介護業界への転職状況をになります。
 
業界未経験者の方で介護業界への転職を目指す場合、未経験・無資格でも割と介護の仕事へ就くこと自体は可能です。
もちろん、「資格必須」や「経験○○年以上必須」という求人へは応募できませんが、現在介護業界も他の業界同様に
人手不足かつ今後より一層介護士の需要が増すため、間口を広くして求人を行っている施設・法人が多いのです。
 
また、介護の仕事は夜勤もあるため、体力のある20代の若手が重宝されるという背景もあるかと思います。
 
そのため、20代の方であれば未経験・無資格の方でも、介護の仕事に就くことはできます。
ただし、給与などの条件は「経験年数」や「資格」に比例するため、最初から条件の良い仕事へ就くことは難しいです。
 
 
一方、20代で介護業界の経験や資格を持っている方であれば、引く手あまただと言えます。
介護業界では、20代の若手の採用に積極的であることと、20代で経験や資格を持っている方は貴重なため、
どこの施設・法人も希望しています。
 
しかし、介護業界全体の平均賃金は他業界と比べると低いため、自身が求める給与・待遇を叶えられるかというと、
それは何とも言えないのが現状です。
 
 
このように、介護業界への転職状況について述べてはきましたが、いずれにせよ一番重要なことは、
「介護の仕事を通じて人を助けたい」という気持ちや思いが何よりも大切でしょう。
 
そもそもそのような気持ちが無ければ、いくら給与や待遇がよくても、介護の仕事は続きません。

お役立ち情報の一覧へ