シニア向け分譲マンション・ケア付き高齢者住宅のメリット・デメリット

シニア向け分譲マンション・ケア付き高齢者住宅のメリット・デメリット イメージ

前回は『介護老人保健施設』についてお伝えしましたが、今回は『シニア向け分譲マンション・ケア付き高齢者住宅』のメリット・デメリットをお伝えします。
 
シニア向け分譲マンション・ケア付き高齢者住宅とは、民間企業が販売・運営するバリアフリーの分譲住宅のことを言います。基本的には自立もしくは要支援状態の高齢者を受け入れており、食事の提供や緊急時の対応、またフィットネスやレクリエーションの施設が充実しており、高齢者が安心して楽しく暮らせる環境があります。
※クリックしていただくと拡大します。
%e8%80%81%e4%ba%ba%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%bb%e4%bb%8b%e8%ad%b7%e6%96%bd%e8%a8%ad%e3%81%ae%e7%a8%ae%e9%a1%9e
 
上記のように、メリットとしては通常の介護サービスが揃っていることはもちろん、資産保有することができることである。一方でデメリットとしては、料金が高いことや要介護度が高い場合に入居が難しいことなどがある。
 
『仙台宮城介護求人センター』では、「シニア向け分譲マンション・ケア付き高齢者住宅」での介護職を多数掲載していますので、ご興味がある方はご覧ください。

お役立ち情報の一覧へ