介護老人保健施設のメリット・デメリット

介護老人保健施設のメリット・デメリット イメージ

前回は『特別養護老人ホーム』についてお伝えしましたが、今回は『介護老人保健施設』のメリット・デメリットをお伝えします。
 
『介護老人保健施設』は『老健』とも呼ばれており、主に医療ケアやリハビリを必要とする要介護状態の高齢者(65歳以上)の方が利用する施設です。
 
食事・排泄の介助などの介護サービスは提供されますが、そもそも在宅復帰を目的としたものであるため、提供されるのは自宅などに戻るためのリハビリが中心となります。入所期間である3ヶ月ごとに退所か入所継続かの判定が行われ、検討会議で退所可能であると判断された場合には、退所しなくてはなりません。
※クリックしていただくと拡大します。

%e8%80%81%e4%ba%ba%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%bb%e4%bb%8b%e8%ad%b7%e6%96%bd%e8%a8%ad%e3%81%ae%e7%a8%ae%e9%a1%9e

上記のように、メリットとしては費用が安く医療やリハビリの体制が備わっていることであり、一方でデメリットとしては、入所期間が短期かつ相部屋である点と言えます。

 

仙台宮城介護求人センター』では、「介護老人保健施設」での介護職を多数掲載していますので、ご興味がある方はご覧ください。

お役立ち情報の一覧へ