グループホームのメリット・デメリット

グループホームのメリット・デメリット イメージ

前回は、『サービス付き高齢者住宅のメリット・デメリット』についてお伝えしましたが、今回は『グループホーム』のメリットとデメリットをお伝えします。

 

グループホームとは、認知症の高齢者が生活する施設で、1ユニット5人~9人ほどになります。

仙台市内にも多く点在しており、有料老人ホームと比べると非常にこじんまりした施設(基本的には1階平屋造り)です。

また、グループホームの特徴としては少人数で生活するため、一般的な家庭の環境のような雰囲気があり、介護士との距離も非常に近いと言えます。

 

この「グループホーム」のメリット・デメリットがこちらになります。 ※クリックしていただくと拡大します。

 

%e8%80%81%e4%ba%ba%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%bb%e4%bb%8b%e8%ad%b7%e6%96%bd%e8%a8%ad%e3%81%ae%e7%a8%ae%e9%a1%9e

 

上記のように、認知症の方でも介護サポートを依頼できる点が一番のメリットだと言えます。

一方で、医療設備などが大きな施設と比べると整っていないため(原則としてグループホームでは医療行為は行わない)、医療依存度が高い方の入居が難しいという側面もあります。

 

ちなみに、『仙台宮城介護求人センター』では、「グループホーム」での介護職を多数掲載していますので、ご興味がある方はご覧ください。

 

お役立ち情報の一覧へ