有料老人ホームのメリットとデメリット

有料老人ホームのメリットとデメリット イメージ

先日、宮城で約3,300施設仙台でも約1,260施設あり、施設といっても色々な種類の施設があるということを、前回掲載した『介護福祉施設の種類 ~介護施設にはどんな種類があるの?~』で紹介しました。

 

 

そして今回は、その中で『有料老人ホーム』についてのメリット・デメリットを紹介します。

仙台市内にも多くの有料老人ホームがありますが、「介護付き有料老人ホーム」もあれば、最近では老後の生活を快適におくるための「住宅型有料老人ホーム」など、必要なサービスを選択して利用できるような施設も見受けられるようになりました。

 

 

では、それらの違いは何かというと、下の比較表をご覧下さい。 ※クリックしていただくと拡大します。

 

%e8%80%81%e4%ba%ba%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%bb%e4%bb%8b%e8%ad%b7%e6%96%bd%e8%a8%ad%e3%81%ae%e7%a8%ae%e9%a1%9e

 

 

このように、一般的には「有料老人ホーム」は様々なサービスを提供してもらえる施設が多いのですが、一方で費用面が他の施設と比べて高額なところが多いようです。

ただし費用面を除けば、最近では高級マンションのようなたたずまいをした「有料老人ホーム」も仙台市内でも目にすることもあるなど、お金に余裕がある高齢者の方の需要は増しているのだと思われます。

 

 

また、介護士として働く場合、民間企業が運営する「有料老人ホーム」の多くは、待遇や諸条件も良く(賞与が月給の4ヵ月分支給や社員食堂が備えてあるなど)、加えて施設内の設備も整っており、非常に働きやすい環境があります。

最近では、営業や接客の経験者を採用し、高齢者へのホスピタリティを高めて、介護以外のサービスに力を入れている施設もあるくらいです。

 

 

 

ちなみに、仙台宮城介護求人センターでは、「有料老人ホーム」での介護職を多数掲載していますので、ご興味がある方はご覧ください。

お役立ち情報の一覧へ